「秘仏結縁」国宝 金堂内陣参拝

不死鳥の寺「三井寺」では、このたびのご即位を記念して、当山開祖・智証大師ゆかりの「秘仏」として、まもり伝えてきた黄不動尊立像と護法善神立像を国宝金堂の内陣において開扉いたします。
この希有の機会にご法縁をお結びください。

期 間:2019年10月1日(火)〜12月8日(日)  拝観料:800円  会場:国宝 金堂内陣






承和5年(838)、智証大師が比叡山で感得された金色に光り輝く不動明王は、「黄不動尊」と呼ばれ、秘仏の仏画として 信仰されています。この尊像は、そのお姿を十三世紀はじめに 彫像にしたもので、国宝・智証大師像とともに唐院に安置されています。

・重要文化財
・鎌倉時代(十三世紀)
・木造彩色、像高159.8cm

変化する画像領域



変化する画像領域







護法善神は、智証大師の「母」のような女神として幼年期から たびたび示現されたと伝え、智証大師の護法神として、また安 産や子供の守護神・鬼子母神(訶梨帝母)として、貞治2年 (1363)から続く「千団子祭」のご本尊として信仰されて います。

・重要文化財
・平安時代(十二世紀)
・木造彩色、像高159.1cm